nabeccoが音楽・子育て・日常についてあれこれ語ってます

ろんぐと〜ん

ピアノ 指導法 教本 音楽

【レビュー】「みんなだいすき リズムのほん」を使ってみたよ

投稿日:

スポンサーリンク

学研から出版されている丸子あかねさん編著の「リズムのほん」を実際にレッスンで使ってみました。実際に使ってみての感想や生徒の反応などをご紹介します。

 

「リズムのほん」って?


ドレミは読めるけど、リズム読みが苦手な生徒さんもいるのではないでしょうか?感覚で覚えてしまう子や、先生の弾いたものを聴いて覚えてしまう子もいて、楽譜に記されているリズムがきちんと理解できていない子も多いです。

私も リズムに関しては「リズムカード」「アプリ」などを使ってみる こともあります。

ほかに「なにかいい教材がないかな~」と思っていたところ、私が使用しているリズムカードと同じ 丸子あかねさんが編著となっている「リズムのほん」 を見つけました。

 

「リズムのほん」は1~5巻構成!

現在「リズムのほん」は1~5巻まで発売されていて、巻が進むほどにステップアップしていくようです。

目標 たたき方 出てくる拍子
1巻 基本的な音価が
わかる
両手打ち 4分の4拍子
4分の3拍子
2巻 拍子がわかる 拍子打ち 4分の2拍子
3巻 16分音符・3連符
の組み合わせが
わかる
4巻 8分の6拍子・3拍子の導入と基本の拍子のおさらい 8分の6拍子
8分の3拍子
5巻 8分の6拍子・3拍子の発展と基本の拍子のおさらい

今回はまずお試しに1巻と2巻を購入してみました。

スポンサーリンク

 

リズムのほん 1巻 良かったところ

「リズムのほん①」を使ってみて、良かったところをご紹介します。

りんごのペーパークラフトがついている

1巻には「りんごのペーパークラフト」がついています。音の長さを「りんご●個分」と教えますが、

  • 4分音符・・・りんご1個
  • 2分音符・・・りんご2個
  • 付点2分音符・・・りんご3個
  • 全音符・・・りんご4個

と、ここまでは生徒も理解できるのですが、 8分音符や16分音符など1個以下で表さなければいけなくなる場合、混乱する子が出てきます。

こういうときに「りんごのペーパークラフト」がとても役に立ちました。

1個のりんごを4等分することができるので、16分音符の長さを理解するのに便利です!

両手打ちが無理なくでき難易度順になっている

右手と左手を合わせてたたく「両手打ち」でたたくのが1巻の内容です。

難易度順に★のマークが「★」「★★」「★★★」と増えていきます。これがうまくできていて、「★」はすぐにできるかんじ、「★★★」になると1回ではできないこともでてきて「もう1回やる!」とできるまで頑張る生徒もいます。

「★★」「★★★」の問題は「ちょっと難しくなるけど、できるかな?」と言葉がけをし、すぐにできたら「難しいのに1回でできてすごいね!」と言ったり、できなくても「これはちょっと難しいから、もう一回やってみよう」と言ったりしてモチベーションの維持につなげています。

大きくて見やすい

楽譜って小さいことが多いですが、このテキストは 見開き1ページに2小節の課題が4題だけドーンと載っているため、とても見やすい です。

シールがついている

子どもってシール好きですよね!

このテキストには1題ごとにシールを貼ったり日付を書いたりする場所がありますし、巻末にシールもついています。「ここまでできた!」という目印にもなりますね。

弾くのが苦手な子の避難所として優秀!

音楽は好きだけど、 不器用で弾くのが苦手、曲がなかなか先に進まない生徒さんの「頭の切り替え教材」 として優秀だと思います。

特に男の子はリズム読みが結構好きな子が多く、どんどん進みます!

弾くことに煮詰まったら、ちょっと休憩してリズム打ちをすると頭もリフレッシュしますよ。

 

リズムのほん 1巻 オシイところ

全体的にとてもいい教材だと思うのですが、1点残念なところがありました。

それは1巻には「拍子」が書いてないんです。確かにカリキュラム表を見ると、拍子の勉強は2巻からとなっているので納得できるのですが、 拍子が書いてないと、ずっと4拍子の課題が続いていたのに、いきなり3拍子の課題が出てきてびっくりします。

生徒用というより指導者用に1巻にも拍子記号をつけてほしかった・・・

 

全体的に見やすく分かりやすい!

「みんなだいすき! リズムのほん」の1巻について、良かったところやもうちょっと改善してほしいところなどを書いてみました。

全体的には課題の譜面も大きく見やすいですし、リズムの理解がいまひとつな生徒にとっては分かりやすい教材だと思います。リズム打ちの導入としてレッスンに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

-ピアノ, 指導法, 教本, 音楽
-, , ,

Copyright© ろんぐと〜ん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.