nabeccoが音楽・子育て・日常についてあれこれ語ってます

ろんぐと〜ん

バロック時代 リコーダー 音楽

【リコーダー】バロック式とジャーマン式の違いって?

更新日:

スポンサーリンク

リコーダーにはバロック式とジャーマン式の2種類があるって知っていましたか?

その違いはどこにあるのでしょう?私たちが小学校や中学校で使っていたリコーダーは何式だったのでしょう?

 

リコーダーのバロック式とジャーマン式の違いってなに?

recorder2

小学校の音楽の授業で初めてリコーダーに触った・・・という人は多いかもしれませんね。
実は小学校で使うソプラノリコーダーは、ジャーマン式と呼ばれているものなのです。

そして、リコーダーにはこのジャーマン式のほかに、もう1つバロック式というものが存在します。

今回はバロック式とジャーマン式、この2つの違いについてお話ししていきましょう。

 

学校で使うのは「ジャーマン式」

先ほどもお話ししたように、私たちが小学校で使っていたソプラノリコーダーは「ジャーマン式」と呼ばれているものです。

「ジャーマン」とはGERMAN、つまり「ドイツ式」ということですね。

小学校で使用されるリコーダーのほとんどは「AULOS(アウロス)」か「YAMAHA(ヤマハ)」のものです。私が使っていたソプラノリコーダーもAULOSのものでした。

この2つのメーカーで製造されているソプラノリコーダーは、ジャーマン式です。

スポンサーリンク

 

違いは「運指」にある

では、ジャーマン式とバロック式の違いはどこにあるのでしょう?

その違いは「運指」にあります。

ジャーマン式のソプラノリコーダーの場合、穴を全部ふさぐと「ド」の音がでますね。下の指から一つずつ離していくと「ドレミファソラシ」の音階になります。

しかし、 バロック式で同じように吹くと「ファ」の音が「ファ#」となるのです。

小学校ではあまり「ファ#」を出すような曲は出てこないので、一つずつ指を離していけばハ長調の音階が出せるジャーマン式の方が使いやすいのでしょうね。

ちなみに ソプラノリコーダーしかジャーマン式は存在しない のだそうです。

 

バロック式の方が優れている?

バロック式はプロの方やリコーダー愛好家に好まれています。

それはなぜかというと、バロック式のほうが響きがいいからです。音域もバロック式の方が広く、音質がいいといわれています。

そしてリコーダーの原点はバロック式なのです。

リコーダーはルネサンス期~バロック期に人気を集め、使用されるようになりました。この時に使われていたのがバロック式のリコーダーです。

しかし、ドイツ人のハルランが「もっと簡単にできないか」と考えて作られたのがジャーマン式と考えられています。簡単に長音階が吹けるジャーマン式は人気を集めましたが、ハルランはジャーマン式のリコーダーを作ったことを悔やんでいたそうです。

ジャーマン式で簡単に長音階を吹けるようにはなりましたが、音程は不確かです。無理に運指を変えたことで、正確な音程を出すのが難しくなってしまったのです。

そんな理由から、リコーダーを愛する人は音質のいいバロック式を選ぶようですよ。
ちなみに中学校で習うアルトリコーダーはバロック式ですし、ソプラノリコーダー以外のリコーダーもバロック式です。

 

 

まとめ

ソプラノリコーダーにはバロック式とジャーマン式の2種類があることが分かりましたね。

日本では「カンタンだから」という理由で、学校の授業で使うソプラノリコーダーはジャーマン式となっているところが多いようです。

しかし、「リコーダーを楽しみたい」「ソプラニーノやアルトなど他のリコーダーも演奏してみたい」と思うなら、バロック式を使うのがおすすめですよ!


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーリンク

-バロック時代, リコーダー, 音楽
-, , ,

Copyright© ろんぐと〜ん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.