*

メヌエットとワルツって何が違うの?

スポンサーリンク

メヌエットとワルツ。

どちらも3拍子の踊りの曲という認識があると思いますが、その違いがどこにあるか知っていますか?

「そう言われてみれば、分からないかも・・・」という人も多いと思います。メヌエットとワルツをくらべてみましょう!

 

【同じ3拍子だけど?】メヌエットとワルツの違いとは?

dance-689609_960_720

引用元:pixabay

「ブンチャッチャッ、ブンチャッチャッ♪」3拍子というと、口ではこんな風に表現する人も多いはず。

3拍子の踊りの曲というと「メヌエット」や「ワルツ」をイメージしますよね。

でも同じ3拍子の舞曲でも、その仕組みや誕生した時代背景はまったく違うんですよ!

今回はメヌエットとワルツの違いについてお話ししていきます。

 

メヌエットはどんな舞曲?

メヌエットがどんな舞曲かについては以前こちらの記事でお話ししましたね。

かいつまんで説明すると、メヌエットは 宮廷舞踏としてルイ14世の時代に流行した3拍子のゆったりとした舞曲 です。

貴族たちが宮廷で開かれる舞踏会で踊る、2小節フレーズを小さく6拍ステップする舞曲となっています。

「楽しい!」というよりは、王の前で踊る緊張などもあり 「荘厳」「優雅」「品がある」といったイメージ がしっくりきますね。

実際のメヌエットはこんな感じです。2小節6拍フレーズとなっていて、2拍目と6拍目で膝を曲げて踊っていますね。

スポンサーリンク

 

ワルツはどんな舞曲?

ワルツも3拍子の踊りですが、メヌエットと違うのはテンポ

メヌエットはゆったりしたテンポですが、ワルツはメヌエットよりテンポが速いです。

 

日本ではワルツを円舞曲と表記する場合もありますね。(ショパンの「華麗なる大円舞曲」やヨハン・シュトラウス2世の「皇帝円舞曲」など)

ワルツは男女1組となって3拍子にのって踊るダンスなのですが、その際に フロアを円のように丸く回りながら踊るために、日本では「円舞曲」と呼ばれるようです。

 

ワルツは13世紀ごろ、 チロル地方の農民の踊りが元になっている といわれています。
後にいろいろな作曲家によってワルツが作られますが、ワルツを大流行させた作曲家といえばシュトラウス1世・2世を思い出す方も多いでしょうね。

演奏会用としてオーケストラ曲をたくさん残しました。

ワルツについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

19世紀前半、ドイツでシュトラウスがワルツを広める一方で、ロシアではチャイコフスキーがバレエ音楽などでワルツをたくさん作曲しています。(くるみ割り人形の「花のワルツ」、眠れる森の美女の「ワルツ」など)

実際にワルツを踊っている様子です。曲はチャイコフスキーの「花のワルツ」ですね。

ワルツのイメージとしては、 小気味よいテンポで乗りやすく「楽しい!」感じ といえるでしょうか。

メヌエットの踊り方とはまったく違いますね!

 

まとめ

メヌエットとワルツの違いについてまとめてみました。

どちらも同じ3拍子ですが、 テンポや流行した時代、踊り方、曲調などがまったく違う ことが分かったかと思います。

3拍子は本来、日本にはなかった拍子なので「日本人は3拍子が苦手」なんて言われることもありますね。

でも、 きちんと拍子感をもって「どんな踊りなのか」を理解して弾けば、本来の「メヌエット」や「ワルツ」に近づくはず。

たくさんの「メヌエット」や「ワルツ」を聴いてみてくださいね!


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーリンク
 

こちらの記事もおすすめ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

score-3496691_960_720
【ドレミが読めるようになってほしい!】おすすめの記述式譜読みドリルは?

「ドレミを読むのが遅い」「ドから順番に数えないと読めない」という悩みを

musette-green
【ミュゼットを集めました】有名なミュゼットを聞き比べてみよう!

ミュゼットといえば、どの作曲家のどんな作品をイメージしますか?

_20180319_201518
【福袋】ラグマート10点入り@男児80cm中身公開!

ラグマートファクトリーから2018年3月に発売された10点入り福袋、今

_20180308_104917-2
【福袋】キムラタン春・秋・冬物ブランドmix2018@男児80cm中身公開!

2月といえば、毎年恒例のキムラタンのブランドmix福袋の発売時期ですよ

musette
【ミュゼットとは?】ミュゼットの定義・どんな舞曲なの?

ピアノ曲にはさまざまな舞曲がありますね。 拍子やテンポの違い、発

→もっと見る

  • にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村 クラシックブログへ

PAGE TOP ↑