nabeccoの自由気ままな音楽・子育てblog

ろんぐと~ん

※記事内にプロモーションが含まれます

※記事内にプロモーションが含まれます

ピアノ 指導法 発表会・コンクール 音楽

ピアノの発表会・コンクールで緊張する人に試してほしい効果的な練習方法

更新日:

スポンサーリンク

公開日 2016-10-27 最終更新日 2024-02-12

もうすぐピアノの発表会!

でも何回ステージに上がっても、いつも上手に弾けなくて失敗してしまい、それが苦い思い出になっているという人もいるのではないでしょうか?

ステージで緊張してしまう人に、ぜひ実践してほしいことをご紹介します。

ピアノの発表会でドキドキしてしまう人へ・・・

私も本番前はドキドキします。

小さいころは「緊張ってなに?」という感じでステージに臨んでいても、年齢が上がるにつれて「ドキドキ!バクバク!心臓が飛び出そう」となってしまう人もいます。

今回はピアノの発表会で緊張してしまって、うまく弾けないという方にぜひ試してほしい練習方法をご紹介します。

ピアノの発表会でやってはいけないこと

ピアノソロの発表会やコンクールは、誰かと合わせるわけではないので、一人での戦いとなります。

一人で弾くとなると、やってしまいがちなのが次のようなことです。

  • 間違ったら止まってしまう
  • 間違ったら弾きなおしてしまう
  • 間違ったら思い出すまで探って弾いてしまう
  • いつも間違えるところでテンポが遅くなってしまう

ざっと考えただけでもこのくらいあります。

連弾や伴奏などで誰かと合わせたりするときは、絶対にやってはいけないことですよね。

演奏が合わなくなってグチャグチャになってしまいますから。

どれも一人で演奏しているからこそ、やってしまうことなんです。

スポンサーリンク

聴く人の気持ちになって考えてみよう

では、先ほどご紹介した「やってはいけないこと」をしてしまった場合、聴いている人はどんなふうに思うか考えてみましょう。

イメージできないな・・・という人は、いつも聴いているお気に入りの曲が途中で何回も止まったり、途中で無の空間ができたり、テンポが乱れたりしたら・・・?

と想像してみてくださいね。

どうですか?

ちょっと嫌な気持ち(というと語弊があるかもしれませんが)になったでしょ?

「せっかくいい気持ちで聴いてたのに!」と思いますよね。

そうなんです。

聴いている人が一番大切にしているのは 「音楽が心地よく流れているか」 なんです。

だから、どんなにミスしようとも止まってはいけないんです。

止まらないで弾くために「1回だけ弾く練習」がおすすめ!

「練習だから」と思って練習していると「間違ったら弾き直してもOK♪」と考えてしまいます。

もちろん、間違ったところだけ取り出して部分練習することはとても大事なことなので、それは必ず行いましょう。

え?話が矛盾してるじゃないかって?

ここからが本題です。

止まらないで弾く練習をするためには、 1日のうちに何度か 1回だけ本番の気持ちになって弾く練習 をしてみてください。

たとえば朝家を出る前に1回だけ、 お辞儀も含めて本番のつもりで 弾きます。

その1回は「どんなに指が転んでも絶対に止まらないぞ!弾きなおさないぞ!」という執念で臨んでください。

タイミングはいつでもOKです。

ご飯を食べる前でも、家に帰ってきてすぐでもいつでもいいですよ。

1回だけ弾く練習のあとに、ダラダラ弾きつづけてしまうと集中力がなくなってしまうので、1回だけ弾く練習をしたらあとは弾かなくてOKです。

また別の時間にたっぷり部分練習を行ってくださいね。

「1回だけ弾く練習」ぜひお試しください♬

「1回だけ弾く練習」は集中力を高めるとてもいい練習方法です。

お辞儀から行うことで本番の気持ちに切り替えられるので、ぜひお辞儀込みでやってみてください。

音楽の流れを大切にして、ステキな演奏ができるといいですね!

本番で緊張をうまくコントロールしたい方は、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

nabecco
nabecco
はじめまして、nabecco(なべっこ)です。
のんびり田舎ぐらしをしながら、ピアノ&エレクトーン講師をしています。
生徒時代は練習嫌い・劣等生だった経験を活かし、そんな人でも楽しく音楽を学べるような記事作りを心がけています。
主婦目線での子育て情報も。

※記事内にプロモーションが含まれます

-ピアノ, 指導法, 発表会・コンクール, 音楽
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ろんぐと~ん , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.