*

【ミュゼットとは?】ミュゼットの定義・どんな舞曲なの?

スポンサーリンク

ピアノ曲にはさまざまな舞曲がありますね。

拍子やテンポの違い、発祥地、時代よって舞曲の名前も異なります。

今回は ピアノを習っている人なら1度は弾いたことがあるはずの「ミュゼット」 という舞曲について取り上げたいと思います。

ミュゼットがどんな踊りかを知ったうえで演奏すれば、曲への理解や表現がさらに深まるはず!

 

ミュゼットってどんな踊り?ミュゼットの定義とは

musette

ピアノを習っているといろいろな舞曲を弾く機会がありますね。

バロックの作品を練習していると「ミュゼット」というタイトルの曲を目にすることはありませんか?

でも実際にミュゼットの意味を理解して練習している人は少ないと思います。実際に私も生徒時代「そういうタイトルなんだ」くらいにしか思っていませんでした。

今回はミュゼットの意味や、ミュゼット誕生までの流れをみていきましょう。

 

ミュゼットとは

ミュゼットはフランス語のつづりで「musette」と記します。

曲の雰囲気は田園地帯で栄えたことから牧歌的な感じ。

主に3拍子で作曲されます。

…と定義上なっていますが、有名なJ.S.バッハの「ミュゼット」やグルックの「ミュゼット」は3拍子ではないですよね。「牧歌的でのどかなイメージ」で作られた、ということなのでしょうか?

この点が謎ですね。

 

ミュゼットの由来

ミュゼットは本来フランスの民族楽器のことを意味します。

ミュゼットという楽器はバグパイプの一種に分類されて、17~18世紀フランスにおいて農民(田園)の楽器として用いられたと言われています。農民のみならず宮廷や上流社会でも使用されるようになりました。

音はオーボエのような感じです。

そこから、 ミュゼットという楽器を用いて演奏するために作曲された曲のことを「ミュゼット」と呼ぶようになっていきました。

そこからミュゼットという楽器の音をイメージさせるような牧歌的な3拍子の曲を舞曲の一つとしてミュゼットと呼び、クラヴィア作品(ピアノ作品)の組曲の中に使われていったんですね。

「ミュゼット=古典舞曲」というイメージでしたので、楽器の名前がもとになっているとは驚きです!

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はミュゼットの定義や由来をご紹介しました。

てっきりミュゼットという古典舞踏があるのかと思っていましたが、楽器の名前が元になっていたんですね。

由来を知って演奏すると、曲の解釈や演奏の仕方も変わりますよ!

スポンサーリンク
 

こちらの記事もおすすめ!

Comment

  1. ごんたママ より:

    こんにちは!
    ミュゼット、元は楽器の名前だったんですね。
    存じませんでした。
    オーボエのような音色を想像しながら演奏すると、雰囲気が出ますかね。
    いつも素敵な情報ありがとうございます。

    • nabecco より:

      >ごんたママさん
      ミュゼットを演奏する時に音色をイメージすると弾き方も変わりますよね!
      楽器をイメージしながら弾くことってピアノを弾くとき大事だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

musette-green
【ミュゼットを集めました】有名なミュゼットを聞き比べてみよう!

ミュゼットといえば、どの作曲家のどんな作品をイメージしますか?

_20180319_201518
【福袋】ラグマート10点入り@男児80cm中身公開!

ラグマートファクトリーから2018年3月に発売された10点入り福袋、今

_20180308_104917-2
【福袋】キムラタン春・秋・冬物ブランドmix2018@男児80cm中身公開!

2月といえば、毎年恒例のキムラタンのブランドmix福袋の発売時期ですよ

musette
【ミュゼットとは?】ミュゼットの定義・どんな舞曲なの?

ピアノ曲にはさまざまな舞曲がありますね。 拍子やテンポの違い、発

DSC_0746-1
【誰でもできる!】ドラえもんのキャラチョコプレートを作ろう

子どもの誕生日は好きなキャラのチョコプレートを作って、ケーキの上に飾る

→もっと見る

  • にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村 クラシックブログへ

PAGE TOP ↑